ryhmrt’s blog

フィリピンから日本に戻った意識低い系プログラマの雑記

Ayala Museum

地図

4/14、フィリピンで初めての週末。

これといってやることはないので、そこら辺をぶらぶらすることにした。

とりあえずはグリーンベルトに向かってみる。

外は暑い。日陰でぐったりしている人たちがいる。この人達もやることがないんだろう。

途中、コンビニみたいな店に地図が置いてあるのが目にとまったので、一冊購入した。99ペソ。

マニラ全体の地図なので、町歩きに使うのは難しいが、タクシーに乗るときには助けになるかもしれない。

昼過ぎにグリーンベルトに着いた。

オネーチャン

グリーンベルトをぶらぶらしていると、二人組のオネーチャンに声をかけられた。

頭の中でイエローサインが点灯したが、暇だったので少し一緒に散歩することにした。

片言の英語での会話が辛い。

オネーチャン達はホテル経営の勉強をしてる学生だとか。今は夏休みらしい。

フィリピンはいつでも夏なんじゃないかと思うけど、今は夏ということになっているそうだ。何人かのフィリピン人が言っていたので間違いないだろう。夏(summer)と雨季(wet/rainy)の季節があるとのことだ。

喫茶店に入って少し涼もうということになった。400ペソ。

どっか遊びに行こうとか言われたけど、ちょっとそれは怖い。

姪っ子の写真を見せてひとしきり姪っ子自慢した後お別れした。

Ayala Museum

その後、グリーンベルトの端っこにあるアヤラ博物館に行った。

受付の人は英語の応対にもたもたしている私に「国籍は?」って訊いてきた。「日本っす」て答えたら、フィリピン史のジオラマを解説した日本語の冊子を貸し出してくれた。ありがたい。

まずは4Fに行って、順に下に降りてくるように言われた。

4Fでは昔の金の装飾品とか出土品、昔の交易でもたらされた陶器とかが観られる。英語でいろいろ解説してあるんだけど読む気が起きなかった。

3Fは特設展になっていて、今はフィリピン人画家が画いた絵が展示してあった。とある筋からの情報によると、去年の10月頃は漫画展をやっていたらしい。

2Fにはフィリピン史のジオラマがある。石器時代から近代までの60点程の展示があって、なかなかおもしろい。日本の侵略に関するものもあった。